読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WiMAXからJ:COMに変えた話

買ったもの

このブログを始めて1ヶ月が経過した。記念すべき第1回目の記事は、業界に激震が走ったWiMAX、1Mbpsしかでねーじゃねーか!」である。

paoon.hatenablog.com

 

しかし、僕はこのWiMAXとおさらばをした。"さいなら"である!そして、僕は引越しを気にフレッツにしようかauひかりにしようか迷っていた。

 

が、奴は突然現れた..J:COM!!

 

f:id:sdeight:20161216010932j:plain

無駄にCMで見る「ザック?」である。正直、嫌だった。だってネットで検索したら評判悪いんだもん...

 

でもね、最近の賃貸マンションでは「インターネットタダ」とかいう物件が多いのよ。これの多くはJ:COMが採用されている。というわけで、うちはタダではなかったが割引が効いて2,500円くらいで使えた。まぁこれでいいか...

 

f:id:sdeight:20161216011521j:plain

速さはこんなもの。下りが40〜50Mbps程度。上りは10Mbps以下である。今の時代、この数字はそれほど速くないのだろうが、普通に利用するには...まぁ十分かな。

 

ちなみに、僕が契約したのは下り320Mbpsのコースだ。これで本来は月額6,000円というから驚きだ。例えるなら、LCC関空~成田を2万円かけて移動するくらい意味不明である。auひかりならもっと安くてスピードが数倍出るのに。

 

f:id:sdeight:20161216012643j:plain

では、なぜこんな会社のサービスが多くの物件で導入されているのか?おそらく、大家側に金銭的な旨味があるのだろう。あとは、営業をかけまくっているのもあるかもしれない。契約していてなんだが、存在意義がよくわからない会社である。