読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20数年生きてきて、「執行猶予」の意味を最近知った

日常

f:id:sdeight:20161214022858j:plain

世の中、まだまだ知らないことだらけである。

 

普段よく耳にするこの"執行猶予"という言葉。僕がこの言葉の意味を知ったのは、今年に入ってからのことだ。まぁ、知ったところで犯罪とは無縁、ピュアな心を持っている僕には関係のない話だが...。さて少し語ろうか。

 

「懲役5年。執行猶予3年の判決がでました。」というニュースがあったとしよう。

 

僕はてっきり"監獄に5年間放り込まれて、その後3年間に軽い犯罪でも起こしたら、超重い刑にするからね☆"だと思っていた。だって、文章の順番からしてもそうじゃん!でも、実は"3年間何もしなければ懲役5年は執行しないよ☆"という意味だったらしい。

 

f:id:sdeight:20161214024337j:plain

マジで?犯罪起こしてもすぐには監獄にぶち込まれないの?そんなボーナスタイム設けられているの?

 

といった感じだ。何でこんな制度設けられているのだろう?刑務所がいっぱいになるからか?とにかく、社会的には一回の失敗はOKらしい。

 

「誰にでも間違いはあるよね(・ω<)」の精神である。優しいな、社会は。