読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市南部の民度が低すぎる

f:id:sdeight:20161204131000j:plain

大阪は主に北部と南部に分けることができる。北部は環境が良いためファミリーや転勤族に人気だ。そして人口も増加している市が多い。一方の南部はその逆といえる(和泉とかは除く)。このように大阪には南北格差が存在するのだ。

 

が、今回の話はこれとは違う。これは大阪府の話であり、今回紹介するのは大阪市の話である。

 

f:id:sdeight:20161204131820j:plain

タイトルにある大阪市の南部とはどこか?それは天王寺駅から下のエリア、阿倍野区住吉区東住吉区を指す。ネット民大好きの西成区は今回の話には入らない。ちょうど紫で囲ってあるエリアだ。ちなみに、赤が天王寺駅である。

 

さてこの3区だが、阿倍野区は比較ましという位置づけだが、周りの区民もウロウロするので総合すると民度は高くない。ただ、話の中心となるのは住吉区東住吉区である。僕はここに1年住んでおり、その感想を述べていきたいと思う。

 

まずこの2つの区だが基本的にただの住宅地である。そのため県外はもちろん、大阪府内の人間もまず足を踏み入れることはない。あっても長居公園くらいである。そのため、大阪市と言っても北区、中央区天王寺区とは大きく性質が異なるのだ。

 

f:id:sdeight:20161204133031j:plain

次にアクセス環境だが、これは良い。区内に御堂筋線谷町線JR阪和線近鉄南大阪線の4つが走っている。天王寺まで3駅ほどであり自転車でもアクセス可能だ。

 

が、立地もまぁまぁ良いくせに家賃がかなり低い。4〜5万円あれば十分に1人暮らしができるのだ。僕もこの罠にはまった1人である。

 

住んでみて分かった。民度がめちゃくちゃ低い!

 

2日目には引越しを決意したぐらいである。とにかくジジババ率の高さが異常なのだ。昔から住んでいる大地主とかではなく、ボロい家に住んでるジジババである。この時点で不人気エリアは確定していた。

 

f:id:sdeight:20161204133532j:plain

そして自転車のマナーが酷い。無灯火、右側通行は当たり前。スマホしながら、音楽を聴きながら、赤信号や一旦停止をガン無視で突っ込むとか、こいつら交通ルール知ってるのかのレベルである。

 

これが中高生なら若気の至りでまだわかる。しかし、大多数を占めるジジババをはじめ、20代の男女、さらにはサラリーマンに主婦などもう全世代がこの状態なのである。体感的には7割の奴が何かしらの違反をしている。

 

そして困ったことにこいつらは自転車をものすごく使う。そのためイライラが溜まってしょうがないのである。ふぅ、話が長くなったな。続きはまた次回にするか。